採用情報

2.営業企画部 2014年入社

環境変化に柔軟に対応し、 新しいことにどんどんチャレンジする。

営業企画部 2014年入社 理工学部 経営システム工学科出身

ある日のスケジュール

  • 09:30 出社 メールチェック、一日のスケジュール確認
  • 10:00 調査結果読み込み
  • 12:00 ランチ
  • 13:00 ミーティング準備+移動
  • 14:00 社外ミーティング
  • 15:00 調査レポート作成
  • 19:00 退社(※インタビュー日は、同期との飲み会)
ページの先頭へ戻る
所属部署の仕事、業務内容について教えてください。

リサーチコンサルティング部で、博報堂の仕事をメインに担当。

担当商品は、日用品、化粧品、通販、飲料など、多岐にわたります。
業務内容は調査企画立案、調査設計、調査の進行管理、分析、レポート作成、
調査結果の報告と、リサーチ業務のフロー全般を担当しています。

ページの先頭へ戻る
仕事をしていてやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

担当商材が、街で販売されていたり、世間で話題になっているのを見たとき。

以前、プライベートの友人との会話で、私が担当している商品の話題が挙がった時がありました。仕事の性質上、担当している商材であることは、友人には話せないのですが、友人の口から「いい商品だよね」という言葉が出てきたとき、内心では嬉しさと誇らしさをとても感じました

ページの先頭へ戻る
仕事上で印象的なエピソードを教えてください。

報告会でクライアントへ調査提案を行い、自分の提案が採用された。

社内で先輩社員に指導していただきながら企画書を作成し、博報堂の方と意見を
すり合わせながら企画書をブラッシュアップし、クライアントへ提案を行いました。
企画書では、クライアントに納得してもらうためにすべきことを考え、
クライアントの課題を解決するために適切なアウトプットイメージと、
そのアウトプットからどのようなことができるのかを落とし込みました。

結果的に私の提案が採用され、その後、調査を行ったことで、
無事に報告や次期戦略に向けた提案まで結び付けることができました。

初めて自分で考えた調査企画が採用されたときには、これ以上ない達成感を
味わうことができたと感じています。

ページの先頭へ戻る
仕事上のポリシーは何ですか?

”メリハリ”を大切にすること。

仕事なので、忙しいときや、退勤が遅くなってしまうことはもちろんあります。
しかし、忙しいときだからこそ、しっかりと集中し、効率よく業務をこなすことを心がけています。

ただし、ずっと仕事をしているだけでは疲弊し、効率も悪くなってしまいます。
そのときは、業務の状況にもよりますが、ゆったり、一息つくことも大切だと考えています。

私用などがある場合は、上司や先輩に相談し、早めに退勤できる環境が当社にはあるので、
プライベートの時間も充実させることができています。

仕事の取り組みにメリハリをつけることで、より良い仕事ができるようになることを
心がけています。

ページの先頭へ戻る
なぜ当社に入社しようと思ったのですか?

リサーチ業務のフロー全般を担当することができるから。

当社は、会社の規模としてはそこまで大きくはありません。
しかし、中規模の企業だからこそ、リサーチ業務の一端ではなく、全体が見え、
フロー全般を担当することができるという部分に魅力を感じて入社を決めました。

様々な案件で業務全般を担当できるので、単に業務をこなすのではなく、「リサーチャー」として考えながら仕事を進めることができると感じました。

また、当社はリサーチ業界においては老舗にあたりますが、老舗の企業だからこそ、
リサーチのノウハウなども豊富にあると感じました。
それらを、自身の知識や経験として、たくさん吸収していきたいと考えたことも、
当社を選んだ一因です。

ページの先頭へ戻る
学生時代はどんなことをしていましたか。

所属ゼミで身に付いた粘り強さを仕事に活かす。

大学時代は、工学部で統計学やマーケティングについて勉強していました。

また卒業論文では、生活者の購買行動における広告接触について研究をしていました。
大学では、ゼミの教授の叱咤により、考えるのはもちろんのこと、とにかく手足を動かして、
粘り強く物事に取り組む姿勢を身につけました。
その姿勢は、社会人になった今でも心がけています。

また学外では、予備校でのアルバイトやフットサルのサークル活動をして過ごしていました。
運動は今でも好きで、仕事が休みの日には、フットサルはもちろん、社内の人と野球をすることもあります。
ただし、週明けには大抵筋肉痛になっていますし、社内でも「昨日の野球で足が筋肉痛で・・・」
という話が至るところから聞こえてきます(笑)。

ページの先頭へ戻る
ご自身の就職活動について教えてください。

リサーチ業界と、メーカーのマーケティング関係の部門を志望。

業種というよりかは、職種で絞って就職活動をしていました。
理系出身のため、周囲ではシステム・エンジニアを志望する人が多かったのですが、
大学でマーケティングについて勉強していたこともあり、「自分が進みたいのはこの道だ!」との
思いから、このような業界を志望していました。

ページの先頭へ戻る
入社前後にギャップを感じたことはありますか?

情報をかき集めるために必要な泥臭さと粘り強さ。

情報を扱う仕事であるため、業務のすべてがシステマチックに動いていると思っていましたが、
意外と粘り強くやらなければならないことが多いことに驚きました。

特に、調査結果からファインディングスを導き出すためには、物事を根気強く多角的に見ていく
必要があるため、様々な情報をかき集める泥臭さは必要であると感じました。

その他、当社の規模は大きいとは言えないのですが、
扱う商材やクライアントは、学生時代からお世話になっている、馴染みのあるものも数多くあり、
入社前の想像とは異なっていましたので、その点もいい意味でギャップを
感じた点ですね。

ページの先頭へ戻る
将来どのようなキャリアを希望しますか?

環境変化に柔軟に対応し、新しいことにどんどんチャレンジする。

近年、リサーチ業界は変化が激しく、日々新たな調査手法・分析手法ができています。
そのような環境の中で、変化に柔軟に対応できるようになりたいと思っています。

新しいことを吸収しやすいのは、私たちのような若い世代であると思うので、
新しいことにどんどんチャレンジしていきたいですね。

そしてそのチャレンジを、社内のスタンダードにできるよう、努力していきたいと考えています。

ページの先頭へ戻る
就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。

就職活動には様々な出会いがあります。

会社との出会いはもちろんのこと、そこで働く人々や、同じ就職活動をしている人もです。
そのような出会いを大切に、また楽しんで就職活動をしてほしいと思っています。

大変なことが多いとは思いますが、みなさんにも素敵な出会いが生まれ、その素敵な出会いの1つに当社との出会いがあることを願っています。

みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

ページの先頭へ戻る