エリアマーケティング

エリアマーケティング

サービスのポイント

  • 店舗運営・開発において、「最適な店舗配置」や「売上・利益の最適化」に向けた中・長期計画(ビジョン)を、データから導きだすためのメニューです。
  • 担当者の勘や経験に頼った<物件ありき>の店舗開発から、物件や地域特性&ポテンシャル等の客観的なデータに基づく、計画的かつ効率的な店舗適正配置戦略の策定をサポート致します。
  • データの裏付けがあるので、社内での議論がし易く、判断も早くなり、計画立案がスムースに進みます。
収集データ

プロセス

プロセス

プロセス詳細

最適な店舗配置

・GIS(地理情報システム)を用い、日本全国を任意のエリアに分割。

・分割された各エリアの店舗数(自社・競合)と、エリアのポテンシャルのバランスを考慮し、最適な店舗配置を実現します。

  • エリア分割

    日本全国を一定基準で分割

    エリア数は、お客様とご相談のうえ決定(最大1000程度)

  • エリアDB構築

    エリアの特徴・ポテンシャルのデータベース構築

    エリアの特徴やポテンシャルを把握するため、調査データ(商圏、立地診断、CS、ES)や、前途の収集データ(点、線、面)を集計し、データベースを構築します。

  • エリアDB分析

    エリア毎の出店プライオリティ

    構築したデータベースから、出店優先度が高いエリアか、そうでないエリアか把握します。これにより、限られたリソースを、出店プライオリティの高いエリアに集中的に投入することができ、より効果的な計画が可能となります。

    各エリアの出店プライオリテ分類
  • エリアビジョン

    最適な店舗配置

    各エリア単位に最適な店舗数、店舗配置(出店・改装・移転・閉店)、
    店舗タイプ等をデータから導き出し、アウトプットします。

売上・利益の最適化

・売上に影響をあたえるデータを収集、分析して、既存店の改善アクションプランのご提案や、新規物件の売上予測サポートを行います。

  • 既存店診断

    既存店総合評価と、改善アクション立案をサポート

    来店客調査や現地視察により、既存店舗を総合的に評価。既存店の収益UPにつながるアクションプランに資するアウトプットを導き出します。また、新規物件売上予測の分析データとしても活用します。

  • 既存店DB構築

    売上・利益に影響するデータを収集・DB構築

    ・上記収集データと、貴社保有の店舗マスタ等のデータを統合し、既存店データベースを構築します。
    ・各エリア・店舗における問題点や機会点を、より精緻に分析することが可能となります。

  • 売上分析・予測

    新規物件の売上予測サポートツールを構築

    新規物件の売上を予測するためのツールをいくつかご提案致します。

お問い合わせ

こちらから、お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ